引っ越しの準備も考えないといけない

旦那と一緒に引っ越し

引っ越しの準備も考えないといけない

引っ越し先も決定していないけれど転勤は日に日に迫ってきている。

まずは賃貸を決定することが先決だけれど、転勤を経験している
友人に話を聞いてみたら引っ越しの用意も早めにはじめておいた方がいいそうだ。

やることはめちゃくちゃ多い。
市役所の手続きは引っ越しする日の2週間前からしかできないようだが、荷物の整理や今住んでる家の解約、駐車場や電話の解約・・・やることが多すぎる。

何から手を付けて良いのかわからないので調べたところ良いサイトを見つけた。

■引っ越しやることリスト
やるべき事が時間で区切ってわかりやすく整理されいてるサイト。具体例が多いので、いつ・どこで・何をやらなければならないのかよくわかる。
http://引っ越しやること.biz/

■名古屋市:転入手続きチェック表(暮らしの情報)
引っ越し予定の名古屋市のHP。転入するときに必要な事がチェックリストとしてまとめてある。医療の給付等に関する届出も必要なのか。。。
http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000005074.html

確かに、今の住まいは旦那と結婚してからずっと住んでいる場所で、
たくさんのものがあふれている。

旦那の趣味のものが多いのは仕方ないとしても、
必要ない衣服や小物が多いのは事実だから。

友人の話を聞いて少し整理して見たけれど、結構不要なものが
多くなっているのに気がついた。

休日に整理しようと旦那に話したら、まだ引っ越し先も
決まっていないのに気が早いなと笑われてしまった。

でも、笑いながら旦那は協力してくれた。

私の預かり知らない物を勝手に捨てるわけにはいかないから
旦那の協力が必要だったのだ。

整理をしていく中で旦那の趣味の物の多くがそんなに
必要のないものだと言いうことに旦那自身も気がついたようだった。

旦那は場所を占領していたことを謝罪してくれたけれど、
私はたいして困っていなかった。

旦那の趣味のものはそんなにかさばらないからだ。

でも、旦那は自分の趣味のモノの中でだいぶ要らない物があったことに
少々ショックを受けていたようだった。

休日のたびに楽しそうに趣味にいそしんでいたからまさか
自分がいらない物を持っているとは思わなかったようだ。

しかし、この整理が良い機会になったのか自分の趣味に関しても
見つめなおす時間になったと次の日に喜んでいた。

心なしかすっきりしたような表情をしていた気がする。

まだまだ不用品はたくさんあるけれど私がわかる範囲で
不用品は引っ越しまでに着実に減らしていこうと思っている。

私たちの身の回りの物の整理もさることながら必要な物の移動も考えないといけない。
友人が言うには、インターネット見積もりは辞めた方がいいそうだ。

インターネットで一括で見積もりを請求すると
登録引っ越し業者から一気にメールが来たり電話が来たりして
てんやわんやだったそうだ。

仕事が欲しいから引っ越し業者も必死なんだろうけれど
はっきり言って迷惑メール、勧誘電話と同じ位に迷惑だったそうだ。

なので私は引っ越し業者は一つに絞って見積もりをしてもらうことにした。
旦那も友人の話を聞いて私の意見に同意してくれた。

まあ、とりあえず引っ越し先が先かな。


Copyright c 旦那と一緒に引っ越し