銀行員の実態は半沢直樹とは違う!?

旦那と一緒に引っ越し

銀行員の実態は半沢直樹とは違う!?

私の旦那は歯牙ない銀行員だ。

銀行員と言えば最近はちょくちょく注目されるようになった。
その要因はあの大人気ドラマの半沢直樹。

私は主演の堺雅人さんは好きな俳優さんであったけれど
何となく見る気になれなかった。

それはやっぱり旦那の職業が銀行員なのが要因。

ドラマで綺麗な女優さんが奥さん役を務めていたが、
それと比較されるのが嫌だったというのも原因の一つ。

たまにぽつぽつと旦那が漏らす愚痴を黙って聞くことがあるのだけれど、
それを聞く限りあのドラマを見たいとは思わなかった。

旦那のいる部署はほかの部署ほどひどい上司もいないし、関係も良好だという。

それでも、旦那は別の上司から失敗を押しつけられたり、
手柄を取られたりするということは日常茶飯事に行われていると漏らす。

半沢直樹とはそんな理不尽な上司、失敗を押しつけて昇進しようという
同僚・上司に反撃をするという物語らしい。

本当にドラマ半沢直樹は見ることができずにいる。

DVDで出たならばもしかしたら見るかもしれないけれど、
今すぐに見るというとはできない。

やっぱり、旦那の話を聞いていると私はあのドラマを見るというそんな気にならない。

現に旦那は具体的にではないにしても漏らす愚痴の内容からすると、
もしあんな内容がドラマで描かれていると想像するととても見るに堪えられない。

そして、数々のエピソードに対して反撃していくということだが、
そんなことは到底できないんじゃないかと思ってしまう。

私がそうやって半沢直樹を見ることができないというと
ドラマと現実は違うと友人知人に言われる。

それに、半沢直樹を見ている友人にそれほどリアルではないと教えてもらった。
だけど、見るのが怖いのは変わっていない。

世の中では理不尽な上司や嫌いな同僚に仕返しをするということが
爽快感をもたらすということで人気になっているよう。

だけれど、実際の社会の中でそれができる人なんてほぼ皆無じゃないだろうか。
そんなことをみんながみんなやってしまうと社会が大変なことになってしまう。

そんな理不尽なことを容認するわけじゃないけど
ドラマでこれ見よがしにすることじゃないような気がする。

やっぱり、あのドラマは見るには時間ながかかりそうだ。


Copyright c 旦那と一緒に引っ越し